読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Adobe Flex 3.5 SDK をインストールしてみた

Vine Linux Flex

Web上にswfつっこんで、flv配信とかせなあかんようになったので、Vine Linuxでもさくっと Adobe Flex 環境が作れるようにしてみました。

準備

Vine Linux 5.1、VineSeed (i386, x86_64) を仮定しています。

Flex 3.5 SDKJava 環境が必要なので、あらかじめ apt-get でつっこんでおきます。

$ sudo apt-get install java-1.6.0-sun

Adobe Flex 3.5 SDK をインストール

http://www.adobe.com/products/flex/flexdownloads/ から "Flex SDK" をたどると、現時点で最新版の Adobe Flex 3.5 SDK がダウンロードできます。

ダウンロードした flex_sdk_3.5.zip をどこか適当なところへ展開します。

ここでは、/opt/flex3 以下に Flex 3.5 SDK をインストールすることにします。

$ sudo mkdir /opt/flex3
$ cd /opt/flex3
$ sudo unzip flex_sdk_3.5.zip

パーミッションが残念なことになっているので、ざっくりと 755 にしちゃいます。bin 以下は一部を 644 にしときます。

$ chmod 755 -R /opt/flex3
$ chmod 644 /opt/flex3/bin/*.{exe,bat}

パスの設定をします。/etc/profile.d/flex3.sh というファイルを以下の内容で作成します。

#!/bin/bash

## Adobe Flex 3.5 SDK
export FLEX_HOME="/opt/flex3"
export PATH="$PATH:${FLEX_HOME}/bin"

以上で、インストール完了です。

さて、何をやろうかな。

nosrc.rpm を作った

以下に adobeflex-sdk-vl.spec を貼り付けておこう。

Summary:	Adobe Flex SDK
Name:		adobeflex-sdk
Version:	3.5
Release: 	1%{?_dist_release}
Source0:	flex_sdk_%{version}.zip

Source10:	flex3.sh

%{?nosrc:NoSource: 0}
%{?nosrc:NoSource: 10}

License:	See license-adobesdk.htm
Group:		Development/Libraries

BuildRequires:		unzip
BuildRequires:		java-1.6.0-sun
Requires:		java-1.6.0-sun

BuildArch:	noarch
BuildRoot:	%{_tmppath}/%{name}-%{version}-root

Packager:	munepi

%description
Adobe Flex SDK

%prep
%setup -n flex3 -c

%build
cd samples/explorer
bash build.sh
cd -

%install
%{__rm} -rf ${RPM_BUILD_ROOT}

%__mkdir_p ${RPM_BUILD_ROOT}/opt
%__cp -r ${RPM_BUILD_DIR}/flex3 ${RPM_BUILD_ROOT}/opt/

%__mkdir_p ${RPM_BUILD_ROOT}/etc/profile.d
%__cp %{SOURCE10} ${RPM_BUILD_ROOT}/etc/profile.d/

%clean
%{__rm} -rf ${RPM_BUILD_ROOT}


%files
%defattr(-,root,root)
%dir /opt/flex3
/opt/flex3
%{_sysconfdir}/profile.d/flex3.sh

%changelog
* Sun Mar 21 2010 Munehiro Yamamoto <munepi _at_mark_ vinelinux.org> 3.5-1
- initial release