読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

self-build-mplayer でインストールに失敗する

先ほど VineSeed で動かしている VMware Player に Vine Linux 4.2 をインストールしました.

VineSeed と同じハードディスク上に Vine Linux 4.2 を入れてあるんですけど,VMware にも入れてあった方が何かと作業をする上で便利ですし.

テキストモードで Base System + Gnome Desktop をインストールし,VMwareTools の vmware-config-tools.pl でカーネルモジュールがビルドできる最低限の環境(make, gcc, kernel-devel)に,emacs22,それから self-build の実験ができるように self-build-setup と rpm-build をインストールしました.

# apt-get install make gcc kernel-devel emacs22 self-build-setup rpm-build openssh-clients

VMwareTools-1.0.4-56528.i386.rpm を入れたときに,vmware-config-tools.pl を実行に xorg.conf を弄るような不具合もなく驚くほど良くなっていました.以前は,マウスとキーボードの設定を直す必要がありましたから.

そこで…,以下の課題を片付けようかと….

> エラー防止策として、第三候補までダウンロード先ミラーアドレスを設定し、一
> 番目が駄目なら、二番目のアドレスから source をダウンロードといった感じは
> 可能でしょうか?
> 一つのアドレスのみだと、一つでもダウンロードが駄目だとインストールが出来
> なくなるので。。
ftp もいくつかミラーがあるみたいですが,
直接落とした方が良いと思いますが如何でしょうか?
http://www.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/MPlayer-1.0rc2.tar.bz2

# ついでに,CVE-2008-0485, CVE-2008-0486, CVE-2008-0629, CVE-2008-0630 が
# 出ています.
# http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2008-0485
# http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2008-0486
# http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2008-0629
# http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2008-0630
# stream_cddb.c については SVN のものならコンパイルが通ると思います
# (参考:http://svn.mplayerhq.hu/mplayer/trunk/stream/stream_cddb.c?r1=25824&r2=25980&view=patch).
# ちなみに,手元の環境ですと,SVN 版で 12 月くらいから度々 stream 周りと 
dvd 周り(libdvdnav 絡み)で
# コンパイルにひかかっていましたが,一昨日にようやく落ち着きました.

self-build-mplayer をセキュリティフィックスしたパッケージを作ってみました.いつもいつもハラダさんが直向きに動いておられるようですので,私も微力ながらお力添えをしたいと思います.

これを皮切りに,selb-build パッケージをバンバン作っていきたく思います.特にマルチメディア系を充実させたいですね.