読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vine Linux 5 に apt リポジトリ、カテゴリを追加する

Vine Linux

Vine Linux ユーザーフォーラムで、Google グループ の投稿があったので、まとめておきます。

Vine Linux 5 になってから、apt ラインを追加する rpm パッケージをインストールするだけで apt ラインの設定ができるようになり、Vine Linux 4.2 以前よりも設定方法が簡単になりました。

main, plus, nonfree カテゴリに対して、それぞれ apt-sourceslist-main, apt-sourceslist-plus, apt-sourceslist-nonfree パッケージが用意されています。たいていの環境には、何もしなくてもこれらのパッケージがインストールされています。

4.2 以前との違い

Vine Linux 4.2 以前は、リポジトリとそのカテゴリを /etc/apt/sources.list に以下のように記述しておりました。

##
## Vine Linux 4.2 FTP
##
#
# (master)
rpm     [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 4.2/$(ARCH) main updates plus nonfree extras
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 4.2/$(ARCH) main updates plus nonfree extras

Vine Linux 5.0 以降は、/etc/apt/sources.list を使わず、各カテゴリ main updates、plus、nonfree、extras がそれぞれ別々に main.list, plus.list, nonfree.list として提供されています。

これらの *.list ファイルは、/etc/apt/sources.list.d に置かれています。

カテゴリ パッケージ
main updates apt-sourceslist-main
plus apt-sourceslist-plus
nonfree apt-sourceslist-nonfree
extras ---

あれ?と思いましたか?
extras カテゴリは "apt-sourceslist-なんちゃら" パッケージとして提供されていません*1

extras カテゴリを追加する

apt を extras カテゴリに対応させるためには、以下のような内容を記述したファイルを /etc/apt/sources.list.d/extras.list として保存すればよいです。この後に、apt-get update すると、apt データベースに extras カテゴリのパッケージが参照できるようになります。

# apt for RPM sources.list 

##
## Vine Linux 5.1 FTP
##
#
# (master)
rpm     [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 5.1/$(ARCH) extras
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 5.1/$(ARCH) extras
#
# (ring mirror)
#rpm     [vine] http://www.t.ring.gr.jp/pub/linux/Vine/apt 5.1/$(ARCH) extras
#rpm-src [vine] http://www.t.ring.gr.jp/pub/linux/Vine/apt 5.1/$(ARCH) extras
#
# (jaist mirror)
#rpm     [vine] http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Vine/apt 5.1/$(ARCH) extras
#rpm-src [vine] http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Vine/apt 5.1/$(ARCH) extras
#
# (kddlabs mirror)
#rpm     [vine] http://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/distributions/Vine/apt 5.1/$(ARCH) extras
#rpm-src [vine] http://ftp.kddlabs.co.jp/pub/Linux/distributions/Vine/apt 5.1/$(ARCH) extras

もし extras カテゴリをはずしたい場合は、私ならば、以下のようにして extras.list のリネームをおすすめします。

# mv /etc/apt/sources.list.d/extras.list /etc/apt/sources.list.d/extras.list.skip
# apt-get update

これは、独自に追加した apt リポジトリの追加・削除にも使える方法です。なお、自分専用の apt リポジトリを作りたい方は、Vine Linux Magazine apt リポジトリの作り方(基礎) が参考になります。

*1:なんで apt-sourceslist-extras が提供されていないのか?ですが、大人の事情ですw メンテナ不在パッケージなので、デフォルトととして提供していないのかな。