読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンソースカンファレンス2010 Tokyo/Spring&Vine Linux 5.1 リリースパーティを無事に終えました

いつもぶらりと足を運ぶオープンソースカンファレンス(以下、OSC)。今回は、Project Vineとして、展示ブースとセミナーをする側になりました。

さっそく、セミナーの Agenda(PDF)と展示ブースで配っていたビラ(PDF)を置きました。どちらの PDF も一度ブラウザでアクセスしてから、ファイルをダウンロードして下さい。ちなみに、ともに TeX で作りました(w


今回の OSC 向けにデザインしたインストーラ CD/DVD のレーベル面。Adobe Illustrator CS3 でデザインしました。

i386インストーラ CD が 27 日昼休みに品切れになるというハプニングに見舞われた。ppc 版のメディアも用意していたのに、微々たる量しか無くならなかった。i386, x86_64 版インストーラ DVD があと 9 セット残っています。欲しい人いますか?(w



セミナーは、予想以上に教室の席が埋まってびっくり。お約束!?の「Vine 愛」からスタート(w

まずは、Project Vine 代表 鈴木さんから、Vine Linux 5.1 の紹介と 6.0 への展望を話して頂きました。6.0 では ARM 対応!?するかもしれません(w

Vine Linux ユーザのライトニングトークでは、前日の Vine Linux 5.1 リリースパーティに来られていた蕪木さんをライトニングトークに巻き込みました。蕪木さんは、Web のスクリーンショットキャプチャシステム http://www.capture-on.net/Vine Linux 5 で作ったときの話をして下さいました。そして、何よりもびっくりしたことは、あの Free Dynamic DNS (DDNS) for Home Server and VPS etc | MyDNS.JP を蕪木さんがお作りになっていたことがセミナーで発覚!こういうセミナーは、新たな発見があったりするので、いいもんですねー。

今回のOSCへ参加する企画は一人でやっていたけれども、こうして無事に成功を迎えられるのも、当日までの配布メディアの印刷にご協力下さったスタッフのみなさん、当日ブースでご協力くださったみなさんを初め、Vine Linux ユーザの皆さんのおかげです。

本当にめでたい、楽しいかった 2 日間の小旅行でした。

おまけ:個人的に入手したグッズなど

Ubuntu 9.10 のデスクトップ版とサーバー版インストール CD とビラ。相変わらず、シス管会長がカワイイですね(w

真向かいのブース Momonga Linux さんところの最新版 6 のインストーラ CD。わざわざ1つ取っておいてもらいました。早速、VMware Player につっこんでみよう。

OpenSolarisインストーラ+レアな日本語版マニュアル!今は無き Sun のロゴの存在感がある。

横隣のブース小江戸らぐさんところの最新 SLAX-ja 6.1.2 のインストーラ CD。同人誌 Linux users の内容は、表紙とは違い、思いの外真面目な Linux の記事だった。