読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dock (風)アプリケーションやグローバルメニューを試してみた

Vine Linux

次期 Vine Linux 5.0 は、ユーザーごとに今風の派手な重量デスクトップ環境として使うか、軽量デスクトップとして使うかのどちらかに分かれるんじゃないかと予想しています。

今風な Linux デスクトップには、 3D デスクトップや Compiz 、 Mac OS X ライクな Dock アプリケーション (Avant Window Navigator や Cairo Dock) 、グローバルなメニューが流行りなんだろうと思います。

手元の Eee PC 4G-X の VineSeed 上では、 Gnome + ランチャー + グローバルメニューの組み合わせにしてみました。

このようなデスクトップアプリケーションも Vine にあっても良いんじゃないかと思い、重量デスクトップでも軽量デスクトップでもどちらでもいけるように、 Vine Linux へ収録すべく、いくつかのアプリケーションを試してみました。

avant-window-navigator

Avant Window Navigator は、 Compiz Fusion 使用時でしか使えない Dock アプリケーション。 Cairo Dock よりも軽量な気がします。

ただ、ランチャーとしてアプリケーションを追加するときに、ドラッグ&ドロップで追加していけないのが面倒だった。

wbar

こちらはうってかわって、 Dock 風な軽量ランチャーです。

gOS にも標準で使われているアプリケーションで、 Python + GTK2 だけで動くので、 Compiz Fusion は不要で、 Window Manager に依存せずに使うことができます。

ランチャーとしてアプリケーションの追加がドラッグ&ドロップで可能でした。

ただし、ランチャーのアイコンに svg 形式を使うことができなかった。どうも svg 形式には未対応みたいです。

すでに Vine Linux 向けに rpm を作成していて、 wbar_util や wbarconf も同梱しており、細かなカスタマイズ済みです。まさに Vine 向けに用意された Dock 風なランチャーですか???

gnome-globalmenu

メニューバーはユーザーインターフェースの中でも基本的なインターフェースで、ウィンドウ毎に決まった場所に付いているか、特殊なソフトならば別の実装がされています。

Mac OS X で一番気に入っているのが、 Dock よりもむしろこの「グローバルメニュー」。いつも画面の上部にすべてが集約されていて、インターフェースの統一感があります。

VineSeed で試したところ、 Firefox のメニューバーが反映されなかった。たぶんツールキットが GTK2 じゃないのかな。 vlc も最新版だと qt4 になっているので、グローバルメニューになってくれませんでした。

特に、最近流行のネットブックなどの解像度が小さなモニタの場合に、ウィンドウ毎のメニューバーが無くなるだけで、ずいぶん画面が大きくなります。

ここらへんの自由度がもう少し効くようにならば、 Linux でも十分グローバルメニューが使い物になると思う。かなりおすすめです。