TeX Live 2014から2015になって増えたフォント一覧

TeX Live 2014のupdmap.cfgと現時点のTeX Live 2015 pretestのupdmap.cfg の差分を取りました。

--- updmap.cfg.texlive-20140525	2014-05-25 11:35:42.188451822 +0900
+++ updmap.cfg.texlive-20150426	2015-04-27 02:24:21.593877529 +0900
@@ -152,7 +161,7 @@ Map auncial.map
 Map aurical.map
 Map uag.map
 Map ybv.map
-Map Baskervaldx.map
+Map baskervaldx.map
 MixedMap bbold.map
 Map belleek.map
 Map bera.map
@@ -164,8 +173,10 @@ Map boondox.map
 Map pbsi.map
 Map burmese.map
 Map cabin.map
+Map caladea.map
 Map calligra.map
 Map cantarell.map
+Map carlito.map
 Map cmin.map
 MixedMap cbgreek-full.map
 MixedMap ccpl.map
@@ -192,15 +203,19 @@ Map ucr.map
 Map cs-charter.map
 Map csfonts.map
 Map cyklop.map
+Map dad.map
+Map dante.map
 Map dejavu-type1.map
 Map dictsym.map
 Map dstroke.map
 Map droid.map
 Map dutchcal.map
 Map EBGaramond.map
+Map EBGaramond-Maths.map
 Map yes.map
 Map epigrafica.map
 Map epiolmec.map
+Map erewhon.map
 MixedMap esint.map
 Map ESSTIX.map
 Map esvect.map
@@ -215,6 +230,7 @@ Map foekfont.map
 Map fonetika.map
 Map nectec.map
 Map nf.map
+Map sipa.map
 Map tlwg.map
 Map fourier-utopia-expert.map
 Map fourier.map
@@ -230,7 +246,6 @@ Map gfsneohellenic.map
 Map gfsporson.map
 Map gfssolomos.map
 Map gillius.map
-Map yfrak.map
 Map ugq.map
 Map hacm.map
 Map uhv.map
@@ -300,6 +315,7 @@ Map nanumfonts.map
 Map unc.map
 Map newpx.map
 Map newtx.map
+Map newtxsf.map
 Map newtxtt.map
 Map norasi-c90.map
 Map cherokee.map
@@ -307,6 +323,7 @@ Map ocrb.map
 Map oinuit.map
 Map omega.map
 Map opensans.map
+Map overlock.map
 Map upl.map
 Map paratype-type1.map
 Map dummy-space.map
@@ -326,6 +343,7 @@ Map pxtx.map
 Map quattrocento.map
 Map Raleway.map
 Map recycle.map
+Map roboto.map
 Map yrd.map
 MixedMap rsfs.map
 Map rsfso.map
@@ -385,6 +403,7 @@ Map mrj.map
 MixedMap wasy.map
 Map XCharter.map
 MixedMap xypic.map
+Map yfrak.map
 MixedMap yhmath.map
 Map uzc.map
 Map uzd.map

TeX Live 2013から2014になって増えたフォント一覧

TeX Live 2013の8月末らへんのupdmap.cfgとTeX Live 2014 昨日らへんのupdmap.cfgの差分を取ってみました。ただそれだけです。

--- updmap.cfg.texlive-20130823	2013-08-27 07:09:40.753908382 +0900
+++ updmap.cfg.texlive-20140524	2014-05-25 11:35:42.188451822 +0900
@@ -123,9 +119,11 @@ KanjiMap otf-@kanjiEmbed@.map
 KanjiMap otf-up-@kanjiEmbed@.map
 KanjiMap otf-cktx.map
 KanjiMap morisawa.map
+Map accanthis.map
 Map OrnementsADF.map
 Map ArrowsADF.map
 Map BulletsADF.map
+Map Alegreya.map
 MixedMap allrunes.map
 Map euler.map
 MixedMap cm.map
@@ -133,6 +131,7 @@ MixedMap cmextra.map
 MixedMap cyrillic.map
 MixedMap latxfont.map
 MixedMap symbols.map
+Map AnonymousPro.map
 Map uaq.map
 Map antt.map
 Map arabi.map
@@ -140,6 +139,8 @@ MixedMap arabtex.map
 Map syriac.map
 Map archaicprw.map
 Map arev.map
+MixedMap arss.map
+MixedMap artm.map
 Map bkaiu.map
 Map bsmiu.map
 Map gbsnu.map
@@ -149,13 +150,16 @@ Map aspectratio.map
 Map augie.map
 Map auncial.map
 Map aurical.map
+Map uag.map
 Map ybv.map
+Map Baskervaldx.map
 MixedMap bbold.map
 Map belleek.map
 Map bera.map
 Map ybd.map
 Map bguq.map
 Map sqrcaps.map
+Map ubk.map
 Map boondox.map
 Map pbsi.map
 Map burmese.map
@@ -168,7 +172,9 @@ MixedMap ccpl.map
 Map ccicons.map
 Map clm.map
 Map chemarrow.map
+Map cinzel.map
 Map cjhebrew.map
+Map ClearSans.map
 MixedMap cmtext-bsr-interpolated.map
 Map cm-lgc.map
 MixedMap cm-super-t1.map
@@ -182,6 +188,7 @@ MixedMap cmll.map
 Map comfortaa.map
 Map original-context-symbol.map
 Map CountriesOfEurope.map
+Map ucr.map
 Map cs-charter.map
 Map csfonts.map
 Map cyklop.map
@@ -199,8 +206,11 @@ Map ESSTIX.map
 Map esvect.map
 MixedMap ethiop.map
 MixedMap eurosym.map
+Map fbb.map
 Map fdsymbol.map
+Map fetamont.map
 Map fge.map
+Map fira.map
 Map foekfont.map
 Map fonetika.map
 Map nectec.map
@@ -219,9 +229,12 @@ Map gfsdidot.map
 Map gfsneohellenic.map
 Map gfsporson.map
 Map gfssolomos.map
+Map gillius.map
 Map yfrak.map
 Map ugq.map
 Map hacm.map
+Map uhv.map
+Map Heuristica.map
 MixedMap hfbright.map
 MixedMap iby.map
 Map zi4.map
@@ -262,34 +275,46 @@ Map yly.map
 Map linearA.map
 Map l7x-urwvn.map
 Map lm.map
+Map LobsterTwo.map
 MixedMap lxfonts.map
 MixedMap manfnt.map
 Map marvosym.map
 Map mathabx.map
 Map mdbch.map
+Map mdgreek.map
+Map mdici.map
+Map mdpgd.map
+Map mdpus.map
 Map mdput.map
 Map mdugm.map
 Map mdsymbol.map
+Map merriweather.map
 Map troff-updmap.map
 MixedMap mflogo.map
+Map mintspirit.map
 Map MnSymbol.map
 MixedMap mongolian.map
 MixedMap musix.map
 Map mxedruli.map
 Map nanumfonts.map
+Map unc.map
 Map newpx.map
 Map newtx.map
+Map newtxtt.map
 Map norasi-c90.map
 Map cherokee.map
 Map ocrb.map
 Map oinuit.map
 Map omega.map
 Map opensans.map
+Map upl.map
 Map paratype-type1.map
+Map dummy-space.map
 Map phaistos.map
 MixedMap pigpen.map
 MixedMap plother.map
 MixedMap pltext.map
+Map PlayfairDisplay.map
 Map ap.map
 Map prodint.map
 Map charter.map
@@ -313,8 +338,10 @@ Map SourceCodePro.map
 Map SourceSansPro.map
 Map starfont.map
 Map icelandic.map
+Map stix.map
 MixedMap stmaryrd.map
 Map superiors.map
+Map usy.map
 Map tabvar.map
 Map mathpple.map
 Map qag.map
@@ -326,11 +353,13 @@ Map qpl.map
 Map qtm.map
 Map qzc.map
 Map tfrupee.map
+Map utm.map
 MixedMap tipa.map
 MixedMap trajan.map
 Map txfonts.map
 Map gptimes.map
 Map umj.map
+Map universalis.map
 MixedMap dvng.map
 Map yv1.map
 Map yv2.map
@@ -354,5 +383,8 @@ Map mcj.map
 Map mr2j.map
 Map mrj.map
 MixedMap wasy.map
+Map XCharter.map
 MixedMap xypic.map
 MixedMap yhmath.map
+Map uzc.map
+Map uzd.map

LaTeXを使ったPDFファイルの面付け

先月、Project Vineとして、デブサミ2013オープンソースカンファレンス2013 Tokyo/Spring へ参加していました。そのとき、展示ブースでは、Vine Linux開発者ガイドの小冊子版を配布しました*1

おかげさまで「Vine Linux開発者ガイド」の小冊子は、大変好評でした。ということで、みなさま、ぜひVine Linuxの開発者になってください(笑

なお、小冊子版「Vine Linux開発者ガイド」のPDFファイルをこちらに置いています:
小冊子版「Vine Linux開発者ガイド」 (on trac.vinelinux.org)


さて、「Vine Linux開発者ガイド」のA5版小冊子を作るときに、LaTeXを使ったPDFファイルの面付けをしました。今回は、その面付け方法を紹介します。

面付け

その前に、面付けについて簡単な説明をします。

面付けとは、印刷・断裁・製本加工などの都合を踏まえて、印刷する版に対して複数頁を配置していくことをいいます。書籍や雑誌、辞書、論文誌などの様々な印刷物に応じて、面付けする方法もいくつかあります。

例えば、全16頁のPDFファイルを中綴じ小冊子にするためには、以下のように二面付けします。

実際に印刷するときは、①、②、③、④のそれぞれの表、裏を両面印刷します。その後、①、②、③、④を重ね合わせて、ホチキスで中綴じすれば、小冊子が完成します。

ゴリ押し(笑

こんときに、店頭で書いた \domentuke が以下の通りです*2

%#!pdflatex 
\documentclass[landscape,a4paper]{article}
\usepackage{graphicx}
\pagestyle{empty}
\begin{document}

\makeatletter
\newcommand\domentuke[2]{%
  \@tempcnta\@ne\relax
  \@tempcntb #1\relax
  \@whilenum \@tempcnta<\@tempcntb \do{%
    \vbox to \textheight{\vss
      \hbox to \textwidth{\hss
	\includegraphics[page=\the\@tempcntb]{#2}%
	\includegraphics[page=\the\@tempcnta]{#2}%
      \hss}%
    \vss}
    \clearpage
    \advance\@tempcnta\@ne\relax
    \advance\@tempcntb-\@ne\relax
    \vbox to \textheight{\vss
      \hbox to \textwidth{\hss
	% \includegraphics[page=\the\@tempcnta]{#2}%
	% \includegraphics[page=\the\@tempcntb]{#2}%
	\rotatebox{180}{\includegraphics[page=\the\@tempcntb]{#2}}%
	\rotatebox{180}{\includegraphics[page=\the\@tempcnta]{#2}}%
      \hss}%
    \vss}
    \clearpage
    \advance\@tempcnta\@ne\relax
    \advance\@tempcntb-\@ne\relax
  }%
}
\makeatother

\domentuke{48}{devsumi13-vldevbk.pdf}

\end{document}

pdfpages パッケージの小冊子作成オプション booklet

後々、pdfpagesパッケージのドキュメントを思い出してみたら、bookletオプションがあるではないか(笑

ということで、以下でも小冊子作成がおkになります!

%#!pdflatex 
\documentclass[a4paper]{article}
\usepackage{pdfpages}
\begin{document}
\includepdf[pages=-,booklet,landscape]{devsumi13-vldevbk.pdf}
\end{document}

*1:この小冊子作成の裏話を暴露すると……、デブサミ2013で配るものがなかったので、当日明朝に3, 4時間かけて、急遽DocBookからLaTeXへ変換して、とりあえず読める程度の組みました(ひどい

*2:\domentuke 内には、\expandafter が一度も出ていません……。\expandafter ファンのみなさま、すみません。

VineSeedのself-build系パッケージを更新しました

[追記 2013-03-17]いくつかのパッケージのバージョンを現状に反映。
[追記 2013-02-06]いくつかのパッケージのバージョンを現状に反映。
[追記 2013-02-04]upstream のバージョンと 6.2 更新予定のバージョンをそれぞれ加筆しました。

VineSeed の self-build 系マルチメディア関連パッケージをいくつか更新しました [VineSeed:026035] update: self-build-{x264, ffmpeg, gpac, vlc, libquicktime, mplayer, vlc} (vl7)

Vine Linux 6.2 リリース時期を目処に、Vine Linux 6.x の self-build 系マルチメディア関連パッケージたちも更新したいと考えています。現時点でのself-build 系マルチメディア関連パッケージにおける VineSeedVine Linux 6.x との比較を以下の表にまとめてみました。

self-build-XXXX VineSeed Vine Linux 6.1 -> 6.2 更新予定
a52dec 0.7.4 0.7.4-6vl7 0.7.4-6vl6 -
avidemux 2.6.1 2.5.5-1vl7 2.5.2-5vl6 -
faac 1.28 1.28-8vl7 1.28-8vl6 -
faad2 2.7 2.7-4vl7 2.7-4vl6 -
ffmpeg 1.2 1.1.3-1vl7 0.6.6-1vl6 -> 1.1.1
ffmpeg2theora 0.29 0.29-1l7 0.27-1vl6 -> 0.29
gpac 0.5.0 0.5.0-1vl7 0.4.5-11vl6 -> 0.5.0
gstreamer-plugins-bad 0.10.22-1vl7 0.10.21-2vl6 -
gstreamer-plugins-ffmpeg 0.10.13-1vl7 0.10.11-3vl6 -> 0.10.13
gstreamer-plugins-ugly 0.10.19-1vl7 0.10.17-1vl6 -
gstreamer1-plugins-bad 1.0.5 1.0.5-1vl7 x x
gstreamer1-plugins-ugly 1.0.5 1.0.5-1vl7 x x
k9copy 2.3.8 2.3.8-1vl7 2.3.7-1vl6
lame 3.99.5 3.99.5-1vl7 3.98.4-1vl6 -> 3.99.5
libdca 0.0.5 0.0.5-4vl7 0.0.5-4vl6 -
libdvbpsi 1.0.0 0.2.2-1vl7 0.1.7-1vl6 -> 0.2.2
libmad 0.15.2b 0.15.1b-7vl7 0.15.1b-7vl6 -
libmp4v2 2.0.0 1.9.1-4vl7 1.9.1-4vl6 -
libmpeg2 0.5.1 0.5.1-5vl7 0.5.1-4vl6 -
libquicktime 1.2.4 1.2.4-2vl7 1.2.2-2vl6 -> 1.2.4
mjpegtools 2.0.0 2.0.0-2vl7 1.9.0-1vl6 -> 2.0.0
mplayer 1.1 1.1-2vl7 1.0-45.rc4vl6 -> 1.1
mplayer-codecs 20071007-6vl7 20071007-6vl6 -
vlc 2.0.5 2.0.5-2vl7 1.1.13-2vl6 -> 2.0.5
x264 - 0.129-1.20130118vl7 0.0.0-15.20110322vl6 -> 0.129
xbmc 12.0 11.0-5vl7 11.0-5vl6 -
xvidcore 1.3.2 1.3.2-1vl7 1.3.2-1vl6 -

self-build 系を大幅に更新する場合は、リポジトリの取り込むまでのテスト作業に膨大な時間を要する。更新作業とテスト作業を少しずつやるよりほかないやろうな。

self-build 系の更新作業をお手伝いしてくださる方がいたら、ぜひぜひ!

新年早々からtlptexliveリポジトリが更新されていますよぉ!

新年早々から、TeX Live 2012向けのtlptexliveリポジトリが更新されましたよ!私もMac OS X向けバイナリの作成をお手伝いしました*1

TeX Live 2012がリリースされてから、半年が過ぎました。TeX Liveに収録されているパッケージは、バイナリパッケージをのぞき、更新され続けています。

一方、バイナリパッケージは、原則的に年に一度しか更新されません。tlptexliveは、この点を補うもので、次期バージョンが出るまでの間、日本語TeXの改善をいち早く取り込んだバイナリを提供します。また、tlptexliveに含まれるパッケージのうち、pxdviなど、公式のTeX Liveリポジトリに取り込んでいない(取り込めない)ものがあります。

Vine Linux 6のパッケージからインストールできるTeX環境は、TeX Live 2009をベースにしたptexlive 2009です。新しいTeX環境をいち早く使いたいユーザは、最新版のTeX Live 2012をインストールするとよいでしょう。

今年もこの言葉から始まります!

*2

*1:universal-darwinバイナリを作るのに、gccコンパイラオプションにはまった(^^;; TeX Live 2012のuniversal-darwinバイナリは、i686に対してはSDK: MacOSXSDK10.6.sdk; -mmacosx-version-min=10.5、ppcに対してはSDK: MacOSXSDK10.6.sdk; -mmacosx-version-min=10.4でそれぞれビルドしているっぽい。あと、freetype2のリンクするときに、はまったり(^^ こちらは、結局 -frameworkをいくつか追加して対処した。

*2:Mac OS XにバンドルされているZapfino.ttfを使って、pdflatexで出力。

録画サーバを Vine Linux 6 へ更新してみた

2009 年年末ごろに BTO で買ったマシン [id:munepi:20091219:1261243248] は、先日、マザーボードが逝ってしまいました。Vine Linux な人たちに相談しつつ、結局 http://www.intel.com/cd/products/services/emea/eng/motherboards/desktop/D2700DC/overview/487675.htm に交換しました。また、これに合わせて、OS を Vine Linux 5 x86_64 から Vine Linux 6 x86_64 へ更新しました*1

インテル Atom Onboardマザーボード BOXD2700DC 【Mini-ITX】

インテル Atom Onboardマザーボード BOXD2700DC 【Mini-ITX】

現在、こんな感じの構成になりました。

ケース SilverStone SST-SG06 ION SuperSilentシルバーカラー
マザーボード Intel Desktop Board D2700DC
CPU Intel Atom D2700
メモリー 2GB DDR3/1066MHz SO-DIMM x 2 (total 4GB)
ハードディスク Western Digital WD20EADS 2TB, Western Digital WD20EARS 2TB
OS Vine Linux 6 x86_64

ハードディスクのパーティション構成

D2700DC には、SATA0, SATA1 の 2 ポートしかないので、2TB のハードディスクを 2 つ分に使っちゃいました。fdisk -l と df の結果は以下の通り。

WD20EADS
デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sda1   *          63    83891429    41945683+  83  Linux
/dev/sda2        83891430   104856254    10482412+  82  Linux スワップ / Solaris
/dev/sda3       104856255  3907024064  1901083905   8e  Linux LVM

WD20EARS
デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdb1            2048  3907029167  1953513560   83  Linux

WD20EADS に Vine Linux 6 x86_64 をサクッとインストールしたあと、sda3 と sdb1 をつなぎあわせる LVM の設定をしました。

WD20EARS のセクタ長が 4k なので、/dev/sdb1 の開始セクタを 2048 にしています。

$ df -m
ファイルシステム     1M-ブロック    使用 使用可    使用% マウント位置
rootfs                   40320      3103     35169   9% /
/dev/root                40320      3103     35169   9% /
/dev                      1976         1      1976   1% /dev
none                      1976         0      1976   0% /dev/shm
none                      1976         1      1976   1% /tmp
none                      1976         0      1976   0% /var/tmp
/dev/mapper/VolGroupTS-LogVol00
                       3705159   1970941   1546034  57% /export

epgrec を Nginx + FastCGI で動かす

以前は、Apache2 + php5 module で epgrec を動かしていました。

最近は、Nginx で動かせるものは、なんでも Nginx で動かしています。そこで、今回は、epgrec を Nginx + FastCGI で動かすことにしました。

nginx のインストール

Nginx で FastCGI を利用するために、nginx と php5-nginx パッケージをインストールします*2

$ sudo apt-get install nginx php5-nginx

/etc/nginx/sites.d/default を以下のように編集します。

 server {
    listen       80;
    server_name  _;

    charset utf-8;

    root   /export/www;
    index  index.php index.html index.htm;

    location / {
        #root   /usr/share/nginx/html;
        #index  index.html index.htm;
    }

    location /epgrec {
    }

    location ~ \.php(/.*)?$ {
        include php_params;
    }
}

root が /export/www となっています。これは、/dev/mapper/VolGroupTS-LogVol00 を /export にマウントしていて、その中に www を掘っています。

プロセスユーザおよびグループを変更

細かいことなのですが、プロセスユーザとグループを nginx へそれぞれ変更します。

$ diff -ud default-pool.conf{.orig,}
--- default-pool.conf.orig      2012-05-15 07:54:59.642740827 +0900
+++ default-pool.conf   2012-05-16 09:18:10.606152378 +0900
@@ -59,8 +59,8 @@
 ; Unix user/group of processes
 ; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user's group
 ;       will be used.
-user = nobody
-group = nobody
+user = nginx
+group = nginx

 ; Choose how the process manager will control the number of child processes.
 ; Possible Values:

また、/var/php5/session の所有者を nginx:nginx へ変更しておきます。

今のところ、Vine Linux 6 までは、/var/www や /var/php5/session などの Web サーバ関連ディレクトリの所有者が apache でした。そのため、nginx のみを使いたい場合は、適切に所有者を置き換えるのがよいと思います。

なお、現在の VineSeed では、www-common パッケージが提供されていて、Web サーバ専用ユーザ www-data が提供されます*3。www-data の id:group は、これまでの apache:apache が www-data:www-data となっただけです。実際に、現時点での手元の VineSeed x86_64 で id コマンドで調べてみると、以下のようになっています。

$ id apache
uid=48(apache) gid=490(apache) groups=490(apache)
$ id nginx
uid=493(nginx) gid=476(nginx) groups=476(nginx)
$ id www-data
uid=48(apache) gid=48(www-data) groups=490(apache)

Vine Linux 7 がリリースされたら、Apache や Nginx、lighthttpd などの Web サーバに対して、上記のような Web サーバ関連ディレクトリの所有者を、とくに変更せずに済むでしょう。

MySQL 5 をインストール

MySQL サーバとクライアント、それから php5-mysql パッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install MySQL-server MySQL-client php5-mysql
epgrec をインストール

epgrec_20111001.tar.gz を /export/www/epgrec として展開しています。また、/export/www/epgrec は、../epgrec (= /export/epgrec) のシンボリックリンクです。

$ ll /export/
合計 32
drwxr-xr-x  5 root  root    4096  516 20:51 ./
dr-xr-xr-x 26 root  root    4096  525 04:16 ../
drwxrwxr-x 15 nginx epgrec  4096  525 04:27 epgrec/
drwx------  2 root  root   16384  513 21:32 lost+found/
drwxr-xr-x  2 nginx nginx   4096  63 08:37 www/

$ ll /export/www
合計 32
drwxr-xr-x 2 nginx nginx 4096  63 08:37 ./
drwxr-xr-x 5 root  root  4096  516 20:51 ../
lrwxrwxrwx 1 nginx nginx    9  63 08:37 epgrec -> ../epgrec/

オマケで http://w3.quake3.jp/osamu/epgrec_assist/ も入れたら、格段に便利になりますね。

それから、私は epgrec の処理を行う専用ユーザ epgrec を作っています。epgrec 専用ユーザを作っていると、epgrec に関するプロセスを追跡しやすくなるので、オススメします。

また、epgrec で使うデータベースについても、root ではなくて、epgrec 専用ユーザを作っておくとよいでしょう。

$ mysql -u root -p
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| epgrec             |
| mysql              |
| test               |
+--------------------+
4 rows in set (0.01 sec)

mysql> \q;
Bye
$ mysql -u epgrec -p
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| epgrec             |
| test               |
+--------------------+
3 rows in set (0.05 sec)
mysql> use epgrec;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed
mysql> show tables;
+----------------------+
| Tables_in_epgrec     |
+----------------------+
| Recorder_categoryTbl |
| Recorder_channelTbl  |
| Recorder_keywordTbl  |
| Recorder_logTbl      |
| Recorder_programTbl  |
| Recorder_reserveTbl  |
+----------------------+
6 rows in set (0.00 sec)

mysql> \q;
Bye

まとめ

  • Vine Linux 6 の Nginx + FastCGI で快適な epgrec ライフを!
  • epgrec の処理は epgrec 専用ユーザを作ると、プロセスの追跡が楽!
  • epgrec に関するデータベースも epgrec 専用ユーザで処理させる!

以上、メモでした (^^

*1:この更新により、うちにある実機で Vine Linux 5 が無くなってしまった(笑

*2:Packages/php5 – VineSeed 参照。

*3:www-common-vl.spec in projects/specs/trunk/w/www-common – VineSeed

Adobe Reader 9.5.1 日本語版もどきをインストールしてみた

Adobe Systems 社さんが Adobe Reader 9.4.3 以降に日本語版を全然出してくれない (>_<) 2012 年 4 月 14 日現時点で「Adobe Readerの最新バージョンおよび旧バージョンのダウンロード」http://get.adobe.com/reader/otherversions/ を見ても、英語版のみ 9.5.1 がリリースされている。

ということで、Adobe Reader 9.5.1 英語版に、Adobe Reader 9.4.2 日本語版からいくつかのファイルを抜き出して、コピーすることで、Adobe Reader 9.5.1 日本語版もどきにしてみました。



手順は、以下のとおりです。
1. Adobe ReaderRPM を取得します。

wget -N http://ardownload.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/9.x/9.5.1/enu/AdbeRdr9.5.1-1_i486linux_enu.rpm \
    http://ardownload.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/9.x/9.4.2/jpn/AdbeRdr9.4.2-1_i486linux_jpn.rpm

2. Adobe Reader 日本語版を削除して、英語版をインストールします。

sudo apt-get remove AdobeReader_jpn
sudo apt-get install AdbeRdr9.5.1-1_i486linux_enu.rpm

3. AdbeRdr9.4.2-1_i486linux_jpn.rpm を展開して、いくつかのファイルを抜き出して、インストールします。

mkdir AdobeReader_jpn-9.4.2
cd AdobeReader_jpn-9.4.2
rpm2cpio ../AdbeRdr9.4.2-1_i486linux_jpn.rpm | cpio -id
for x in \
/opt/Adobe/Reader9/Browser/HowTo/JPN/Browser_Plugin_HowTo.txt \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/IDTemplates/JPN/AdobeID.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/IDTemplates/JPN/DefaultID.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/Legal/ja_JP/License.txt \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/Messages/ENU/RdrMsgENU.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/Messages/JPN/RdrMsgJPN.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/help/JPN/ReadMe.htm \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/plug_ins/Annotations/Stamps/JPN/Dynamic.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/plug_ins/Annotations/Stamps/JPN/Hanko.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/plug_ins/Annotations/Stamps/JPN/SignHere.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/plug_ins/Annotations/Stamps/JPN/StandardBusiness.pdf \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/help/JPN/ReadMe.htm \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/Accessibility.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/AcroForm.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/Annots.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/DVA.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/DigSig.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/EFS.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/EScript.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/HLS.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/MakeAccessible.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/Multimedia.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/PDDom.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/PPKLite.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/RdLang32.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/ReadOutLoud.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/Reflow.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/SaveAsRTF.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/SearchFind.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/SendMail.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/Spelling.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/SynchronizerApp.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/checkers.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Reader/intellinux/sidecars/wwwlink.JPN \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont/KozMinPr6N-Regular.otf \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/83pv-RKSJ-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90ms-RKSJ-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90ms-RKSJ-UCS2 \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90ms-RKSJ-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90msp-RKSJ-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90msp-RKSJ-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90pv-RKSJ-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90pv-RKSJ-UCS2 \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/90pv-RKSJ-UCS2C \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Add-RKSJ-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Add-RKSJ-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-90ms-RKSJ \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-90pv-RKSJ \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-H-CID \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-H-Host \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-H-Mac \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-PS-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-PS-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Adobe-Japan1-UCS2 \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/EUC-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/EUC-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Ext-RKSJ-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/Ext-RKSJ-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UCS2-90ms-RKSJ \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UCS2-90pv-RKSJ \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniJIS-UCS2-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniJIS-UCS2-HW-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniJIS-UCS2-HW-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniJIS-UCS2-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniJIS-UTF16-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniJIS-UTF16-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniKS-UTF16-H \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/UniKS-UTF16-V \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/CMap/V \
//opt/Adobe/Reader9/Resource/Linguistics/LanguageNames2/DisplayLanguageNames.ja.txt \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/Linguistics/LanguageNames2/DisplayLanguageNames.ja_JP.txt \
/opt/Adobe/Reader9/Resource/Linguistics/LanguageNames2/DisplayLanguageNames.ja_JP_TRADITIONAL.txt \
  ; do 
      sudo mkdir -p $(dirname $x)
      sudo cp -af .$x $x
  done

これで本当に良いのかしらん?(笑 CMap ファイルやフォントたちは無害ですが、再び日本語版がリリースされるときは、あらかじめ 3 でコピーしたファイルたちを消しておく方が良いかもしれません。

この手順は、FedoraCentOS など、RPM パッケージ管理をしているディストリビューションであれば、同様です。

Vine Linux 向けに、上記の手順にそったインストールをおこなう install-assist-AdobeReader_enu パッケージを用意しようかしらん?

おまけ

AdobeReader_jpn-7.0.9 から KozGoPro-Medium.otf も入れとくと、代替フォントとしてウマー\(^o^)/

wget -N ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/unix/7x/7.0.9/jpn/AdobeReader_jpn-7.0.9-1.i386.rpm
mkdir AdobeReader_jpn-7.0.9
cd AdobeReader_jpn-7.0.9
rpm2cpio AdobeReader_jpn-7.0.9-1.i386.rpm | cpio -id
sudo cp -af ./usr/local/Adobe/Acrobat7.0/Resource/CIDFont/KozGoPro-Medium.otf /opt/Adobe/Reader9/Resource/CIDFont/